仕事の勉強

複合機とは一般的にはプリンタのことを指します。
プリンタに様々な機能を付けたものが複合機です。
一般的な家庭用複合機にはスキャン機能がついた複合機が有名です。
またオフィス用の複合機で使う場合、プリンタ機能の他にFAXやスキャン機能が必要となります。
印刷するサイズも様々になるため機器自体が高額になります。
そのためレンタルやリースでオフィス用複合機をレンタルすることもできます。
レンタルでは期間での契約となり契約満期を迎えると買取するかリースを続行するか選択が可能です。
リースを続行する場合は最新機器の動向もあるので注意が必要です。
家庭用複合機で注意することはインクの消費です。
家庭用複合機は機器の電源を入れるとインクカートリッジのクリーナーが自動で作動します。
この際に少量のインクが使われることになります。
基本的にこの自動クリーナー機能をオフにすることはできないため常に電源を入れておくことでインクの消費を抑えることができますが電源が常に入っている状態のため電気代がかかってしまいます。
インクカートリッジは一般的に色分けされた状態でセットされますが1セット正規のものを購入すると5000円以上の高額となります。
機器自体の一般的な金額が2~3万円なのでインクカートリッジがいかに高額なのかが分かります。
また印刷時も根詰まりが発生しやすいためクリーン作業を行う必要が出てきます。
行えばもちろんインクを消費してしまうので根詰まりを防止する必要があります。
最もよい方法は定期的に印刷を行うことです。
年に1回しか使わないようであれば年に1回インクカートリッジを買い直すぐらいの気持ちがないとすぐに根づまりをおこすでしょう。
このようにインクの消費、印刷用紙の消費、機器本体の根詰まり、電気代を考えるよりも印刷屋での印刷がよいのかもしれません。
使い方によっては自宅で印刷するよりも安くあがるケースがあります。
印刷屋もまちまちなので情報収集が大事です

資料を作る

オフィスでの業務には、多様な事務機器が必要です。
仕事をこなすために必要な事務機器を利用することで、仕事の効率が高まります。
かつては多くの労力を割いていた業務も、便利な事務機器を利用することで仕事がはかどります。
オフィスで用いる事務機器の中で、利用頻度が高くなったのが、コピー機やスキャナ、ファックスなどです。
これらは、書類を作成したり、データを送受信するために用いる情報機器類です。
しかし、こうした複数の事務機器を個別に用意するのは大変です。
そこで、機能を一つにまとめた複合機が利用されるようになりました。
さらにその複合機を、レンタルやリースで借りることで、調達のコスト負担をできるだけ利用することができます。
レンタルやリースで利用されている複合機を見れば、今後の動向についても知ることができます。
まずは、省電力性能が、レンタルやリースで借りられる機器に求められます。
オフィスでの電力消費は、経営の負担となる要素です。
また、オフィスでの業務中は、複合機に常に電源が入っていることが多いです。
そこで、省電力効果が高い最新の機種を選ぶことにより、オフィスで消費する電力の大幅カットが可能です。
また、レンタルやリースで借りられる複合機には、追加の機能性も今後の動向として注目ができます。
ネットワークや無線技術が、複合機と情報端末とのデータのやり取りに役に立ちます。
ネットワークに事務機器が接続されていれば、パソコンなどの情報端末からデータを送り込んで利用することができます。
一台の複合機を複数の情報端末から利用するには、ネットワークでデータをやり取りする通信回線を共有しているほうが有利です。
また近年では、無線技術が発達したことにより、無線のネットワークを通して複合機と情報端末との間でのデータの送受信を可能にしています。
レンタルやリースで借りている情報機器を新しいものへと変えることで、最新の機種がもたらしてくれる利便性が享受できます。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031